体に必要な栄養素

男性

栄養素の特徴を学ぶ

ビタミンは、三大要素であるタンパク質や糖質、脂肪とともに、人間が生きていく上で必要な栄養素の1つです。直接的に体のエネルギーになるわけではありませんが、エネルギーや体を作るための代謝に関わり、体の成長や健康を保つ役割をしています。また、体の中で生成することはできないため、食べ物など外から体に取り入れることが必要となります。ビタミンには大きく分けて13種類があり、さらに油脂に溶けやすい脂溶性ビタミンと水に溶けやすい水溶性ビタミンに分けられます。脂溶性ビタミンは、主にA、D、E、Kの4種類です。体の中に蓄積されやすいという特徴があるほか、熱を加えても栄養分が損失しないため、油と一緒に摂取することで吸収がよくなります。吸収された脂溶性ビタミンは、肝臓や脂肪組織に吸収され、毎日の生活の中で少しずつ消費されていきます。一方、水溶性ビタミンは、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、Cの9種類です。尿などとなって体の外に排出されやすいため、一度の食事で摂取するのではなく、少量の水溶性ビタミンをを頻繁に体に取り入れる方が、体に残りやすくなります。また、水溶性のものは仮に過剰に摂取したとしても、尿として排出されるため、過剰性の心配はいりませんが、脂溶性ビタミンは排出されにくいため、大量に摂取しすぎると、かえって体に悪影響を及ぼしますので注意しましょう。特に、健康食品やサプリメントでビタミンを摂ろうと考えている方は、摂取量には十分に注意し、決められた量を守ることが大切です。

Copyright© 2018 ビタミンサプリで体の代謝を維持【早めの回復にも効果を発揮】 All Rights Reserved.